プロフィール

ひろし

Author:ひろし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/12 (Sat) 22:48
4年目のブナの実

ブナが実を一杯付けている\(^o^)/西谷方面には降りていないが、山頂付近のものは半数以上の木が実を付けていた。今年は前回の豊作年(2006年10月)よりまだ4年。再来年かと思っていたが、石鎚方面はどうなんだろう。盆明けの岩黒山行きで確認したい。
続けての作は無いから、今年豊作でなく「並作」以下だと、逆に2年先が期待できなくなるので辛い(-“-)
虫が少ないと良いんですがね~。ほとんどが虫食い。昨年採取の柴栗も栗虫が多かった。

画像の5枚目はウリハダカエデでした(~o~)ウリハダカエデの花を撮りたかったもんで。ブナと間違えて掲載したけど、そのままにしときます。
ここのオオヤマレンゲはあまり知られていないようですね。・・・って言うか、ここはツルギミツバツツジしか無いと思ってる人が多いようで。まあ、その方が人出が少なくて良いか(^・^)

キスミレ 123 キスミレ 135

キスミレ 118 キスミレ 013


キスミレ 109 キスミレ 114

キスミレ 011 キスミレ 013

2010/06/12 (Sat) 22:24
ズミ、マイヅルソウ、オオヤマレンゲ・・

次は、大川嶺・笠取山コース。明日は林道を走る「久万高原ラリー」のため、一部通行止めになるし、今夜から雨模様なので今日のお出かけは正解。
目的はマイヅルソウとズミの開花。それとオオヤマレンゲがあるようなので、これも開花状況の確認を。
道端一杯にマイヅルソウの白い花が咲き始めていた。開花状況は50%・・か。一面に咲いているのに、それでも地味な存在だ。それが良いのかもしれない。
ツルギミツバツツジはもう終っていた。キスミレも花が終ると探しても見つからない。三株は見つけて、一株だけ実を付けていた。

キスミレやフモトスミレと入れ替わりに、ホソバシロスミレが咲いている。これもなかなか涼しげで良い。その後はオトギリソウの黄色い花に変わるらしい。それからシコクフウロ・シモツケソウ→ササユリ・イブキトラノオ・ホソバノヤマハハコ→ツリガネニンジン・ヤマラッキョウか。

ズミは満開。昨年より15日程度の遅れか?オオヤマレンゲは予想通りの場所で見つけたが、開花は10日先だろうか。まだ蕾が硬そう。ヒメハギ、ホソバシロスミレは盛期。アカモノ、ウスノキは咲き始め。コイワカガミは何箇所かで確認できたが、花はすでに無い。タカネオトギリもまだ10cm程度と伸長途中なのでまだ1ヶ月先だろう。カマツカは山頂近くは蕾。お山の途中のものは満開。
ドウダンツツジは岩場附近で咲き始め。

キスミレ 172 キスミレ 159



キスミレ 031 キスミレ 126 フイリフモトスミレ

キスミレ 146 キスミレ 072 キスミレ 071

キスミレ 170 キスミレ 038 キスミレ 078

キスミレ 096 キスミレ 085 キスミレ 003

キスミレ 008 キスミレ 021

キスミレ 080 キスミレ 081

2010/06/12 (Sat) 22:09
ウチョウラン経由ズミの花など

ウチョウラン 004 ウチョウラン 008 ウチョウラン 032


ウチョウラン 030 ウチョウラン 040

ウチョウラン 038 ウチョウラン 045

ウチョウランを見に谷を歩いた。入口が道路拡張工事のため、以前の面影がなくなった。少し歩くと、白花だがヤマシャクヤクの種が膨らんでいる。

家のイワギリソウの花は終ったが、お山ではやっと開花し始めていた。花の色はどれも紫色なのがつまらない(-“-)イワマツや地エビネ、イワギリソウは目にするが、ウチョウランが見つからない。
帰りに何の蘭だか、地味なのを見つけた。

下りのロープで最後の岩を誤って、川に横倒しになってしまった。幸い後頭部に石は無く助かった。
なめて掛かっているのが原因なのだが、頭は以前の体力のつもりだけど、脚力などかなり落ちている。
カメラもGPSも異常なし。半身濡れたが、この季節なので問題ない。

帰ってGPSのデータを国土地理院の地図に落とし込んだが、ここの場合はかなりの食い違いがあった。途中は人工衛星の捕捉が十分ではなかったが、次回の課題にしよう。
トンネル会社の社長の話では一日に10cm動いている断層があるとか言っていた。近くではあるが、それにしても食い違いすぎる。高度もおかしいから、たぶんGPSの間違いだろう。谷が深くなると木が上空を覆うので、捕捉が出来なくなるのだと思う。

2010/06/11 (Fri) 20:39
ナメクジ捕殺

ビールが欲しい季節になりました。「コクの時間」とかありますが、この時期は普通のアルコール濃度の方があっさりして良いです。秋の風が吹き始める頃は、この「コク・・」が良いと思いますけど。

20時過ぎのナメクジ捕殺。これは、種まき好きにとっては欠かすことの出来ないモノです。柔らかい新芽をいじめるし、湿度が高くなって苗が立ち枯れしたりすると、それにひかれて益々寄ってくる。山野草が増えてきているので、全体に湿度の高い棚場になってきた。

さて、本日は大~中5匹。だいたい同じところに居た。椿の種を水で溶いた中に入れておいた。カタツムリかと思えるほど太かった。これからは気が抜けない。今年は石灰硫黄合剤の散布を2度したので、鉢の下に住んでるナメクジや、鉢の用土にもぐりこんでいるダンゴムシには効果的だったのではないかと想像してるんだけど、実際はどうなんだろう。

毎年、年が明けてから散布しているが、石灰硫黄合剤の散布は年内の方が良いみたいだ。今年は3回と土壌散布も丁寧にしてみようと思う。
ナメクジの画像を貼り付けても楽しくないのでやめよう。ただ、山に居るナメクジに比べると、可愛いサイズなのであるが。あの山に居るヤツは、勿論別種だけど大きい。これも画像はあるけど、やめておこう(^・^)

2010/05/31 (Mon) 22:41
ミヤマクマザサ

miyamakumazasa2.jpg

お山に登ると笹の中を歩くのだが、これは「クマザサ」と言うのではないようで、他人様のHPを読んでると、「オモゴザサ」とか「イシヅチザサ」「シコクザサ」などと書かれている。
一体本当の名前はどうなんだろう・・と調べてみた。

笹はお山によって多少の個体差があるようで、そのお山の場所にちなんで「オモゴザサ」などと呼ぶらしい。一般にはミヤマクマザサが適当なようだ。

以下は四国の笹の種類について記されたHP
http://www.geocities.jp/kyoketu/54062.html 


大 谷 彰 氏 に よ る 、 昭 和 五 十 九 年


| ホーム |

前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。