プロフィール

ひろし

Author:ひろし
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/13 (Sun) 04:43
ミヤマオダマキ VS キバナノヤマオダマキ

akaisikita116.jpg

akaisikita114.jpg


これが不明のオダマキ。2009年10月4日に東赤石山に登ったのだが、権現越えから20番鉄塔広場に向かい、その鉄塔下で見つけたもの。高度は1,540m。普通は7月頃開花するのだが、これは一輪だけ咲き残っていたものなので、花の形も貧弱である。横にはこれも咲き残りのシコクフウロがあった。

このオダマキ。ミヤマオダマキかと思っていたが、ヤマオダマキってのもあるのを知って調べている。

下記HPに違いについて書かれていたが・・・
http://mountain.jpn.ph/WebAlbum/HanaAlbum/SimilarFlower.aspx?Code=559

■ヤマオダマキの距(花の上部に出ている尻尾のようなところ)は弓形に曲がるが、ミヤマオダマキは巻き込む。
■ヤマオダマキの花は赤紫色で山地に生えるが、ミヤマオダマキは青紫色で高山に生える。
ミヤマオダマキは高山性で岩場や礫地に生え20cmほどと小型。花の色は外側の萼片は紫色で花弁(内側)は白、葉の形は3枚複葉でキバナノヤマオダマキよりずっと幅広。

★私見
①距(花の上部に出ている尻尾のようなところ)は弓形に曲がり、ミヤマオダマキのような巻き込み は無い。・・・ヤマオダマキ
②葉の形は3枚複葉でキバナノヤマオダマキよりずっと幅広。 ・・・ミヤマオダマキ
両方に該当するので、「新種」ってことにしよう(^・^)

種が出来ていたので持ち帰り、昨秋取り播きしたら今春たくさん発芽した。来夏には花が期待できるので、その時まで保留にしておこう。まさか、お盆過ぎの東赤石山に登り確認しよう・・などと、少し思っているが(~o~)

06.13 006

<< CPUファンから騒音 | ホーム | 6月の雨量と貯水率&アメダス >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。